それでもどうして好きなのか?

「好き」の意味

相手が理想のタイプじゃなくても、
ワガママでも、
性格に難アリでも、
将来が見えなくても、
相手がいる人でも、
家族が反対しても、
友達に止められても、
苦労ばかりでも、
泣いてばかりでも、
切ない事ばかりでも、
…でも、ど~しても好き!!

で、一緒にいる事が許されるのであれば、そこには「好き」の意味がある筈。
好きな気持ちの先に答えがあるかも。

愛に変わったり、気持ちが冷めたり、憎悪になったり、今の「好き」がずーっと変化なく、恒久的に継続するのは、ほぼ間違いなく不可能でしょう。
時間が否応なく、変化というものを与えます。
その時には答えがでるよ💡 多分、きっと。

だからこそ、執着は手放そう!

でも、どぉ~しても答えが知りたければ、スピカが占星術とタロットで、謎の紐解き、お手伝いいたしますよ😊

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

西洋占星術&タロット占い師 LINE占い等で活動中です。

目次
閉じる