占いを依頼する前に知って欲しい3つのこと

こんばんは☆
突然ですが、スピカの今年の目標のひとつに、
ブログで情報をたくさん伝えていく
というものを掲げましたので、今年は星占い以外の記事もどんどんアップしていきたいと思います!

今回は、鑑定している中で、占いを利用する時に知っておいて欲しいことを3つお伝えします。

①占い師をきちんと見極める

当たり前と言えば当たり前のことなのですが…
占い師も人間ですから、どんな人でもお悩みでも 大丈夫!!というよりは、得意な分野や相性等があるものです。

また、残念ながら、不安を煽ったり、逆に過剰に気分を良くさせたりして、依存させるような方もあります。電話やチャットなど、鑑定が見えないツールであれば、実際に占いをせず適当なことを言ってる人もいるとか💦

この辺りの見極めってホントに難しいのですが、占い師のプロフィールやお客様の感想、また一回受けてみて違和感がある…などから、冷静に判断していただければと思います。

人気がある占い師でも自分とは合わない、などもあるので、口コミだけに振り回されず、自分自身できちんと感じていただきたいと思います。

②禁止事項を把握してから鑑定依頼をする

禁止事項について鑑定依頼をしてしまう…実はよくあるケースです。
占いグループや媒体全体、または各占い師で占いの鑑定禁止事項を設けていることがほとんどです。

基本、禁止事項の記載がプロフィール等にあるはずなのですが、それを読まずに依頼してしまうパターンが多々あるんですね。
そうすると、結局鑑定依頼後にキャンセルになってしまい、お客様も占い師も大事な時間を無下に消費してしまうことに…

自分が占って欲しい内容を、希望する占い師が鑑定可能としているか、事前にチェックしておくことをオススメします。
基本的には、生死に関わることやギャンブル関係、試験の合否等はどの団体や占い師も禁止しています。

③専門的なことは専門家へ

例えば…
病気のことはお医者様や医療従事者へ。
法律のことは弁護士さんへ。
不動産のことは不動産屋へ。

こちらも当たり前のことですが、占い師よりも専門家に相談した方が現実的な解決が早い場合があります。占い師は何でも問題解決できる魔法使いではありません。
また、専門的な知識をその道のプロ以上に持ち合わせていることはほとんどなく、占術だけでは限界があります。

浮気調査なども、占ってもらうより、確実な物的証拠を出してくれる興信所に行かれた方が現実的だと思います。
そもそも浮気調査は、占いの三禁に触れるので、鑑定しない占い師さんも多いかと思いますが…。

自分が抱えている悩みが、占い師よりも専門的な知識や経験があり、現実的な解決へと導いてくれる専門家がいるかも…という可能性について、相談する前に考えていただければと思います。

以上、基本的なことだと思いますが、悩んでいると視野が狭くなり、当たり前のことが見えなくなることもあるので…
改めて書かせていただきました。

これから占い鑑定を受けてみたい!という方や、占いに依存してしまっている、占いをいくら受けても悩みが解決しない…という方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

西洋占星術&タロット占い師 LINE占い等で活動中です。

目次
閉じる